育乳ブラの選び方

育乳ブラの選ぶポイントは、正しいサイズを選ぶこと

育乳ブラとは、バストのサイズアップを目指す補正下着を言います。
育乳ブラで胸を大きくするには、
脇や背中などの脂肪をカップの部分に出来るだけ集めてバストを大きくして、
ブラジャーでその状態を固定します。

その状態を毎日続けることによって、ブラジャーの力によって無理に引き寄せていた脂肪が、
少しずつバスト部分に定着するようになり、胸が大きくなるとされています。

このように胸を大きく育てる育乳ブラならどれでも効果があるわけではなく、
きちんとポイントをおさえて選ぶことが大切です。

その選び方のポイントになることのひとつが、正しいサイズのものを選ぶということです。

育乳ブラ

育乳ブラもジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。

但しメーカーによってサイズの表記に違いがあるので、
そうした注意事項をよく読んで購入することが大切です。

また、アンダーバストはジャストサイズのものを選ぶのが原則です。

それはブラジャー位置が固定しないと育乳効果が生まれないからです。
またバストを大きく見せようと、1サイズ小さいカップのものを選ぶのもよくありません。

元々あるべきバストの脂肪を集めることが出来ないことに加えて、
バストの成長を妨げることにもなり脇にあるお肉を育ててしまい、
育乳ブラの機能を全く果たさない状態になります。

次にポイントとなるのが、きちんとサイズを測るということです。
アンダーバストは、胸の膨らみのすぐ下の位置を、
力を抜いてリラックスした姿勢で測るようにしましょう。

またトップバストは、胸のふくらみの一番高いところで、
少し前かがみの姿勢で、バストをつぶさないようにやさしく測るとよいでしょう。

そして、肩ひもであるストラップは脇よりに付いているデザインのものが、
外向きになりがちである日本人のバストには向いていると言えます。

こうしたものの方が、背中や脇にある脂肪をしっかりバストに寄せて綺麗な形に整えることが出来ます。
このような選び方のポイントをおさえながら、効果的な育乳ブラを購入したいですね。